感情について

感情っていうのは

在るようで、無いようなもの。

 

わたしは、結婚して、3年目で、彼の機嫌を損ねてしまったときは、自分の感情は、無にする術を覚えた。

 

そして、謝るときは、

彼が、何かしらで傷ついたから、怒った様子になることも知り、その時は、彼の気持ちになって、想いを受け取ることにした。

共感しなければ、反省したり、謝れないことも知った。

 

だから、謝るときは、自然と涙が溢れる。

 

彼は、ただ心=気持ちに寄り添って欲しかっただけなんだ。

 

彼に聞いたわけじゃないから、違うかも知れないけれど、そんな風に感じる。

 

わたしも、かつて、幼い頃、親に期待しすぎていて、そんな気持ちに勝手になっては、寂しい、孤独な自分に入り込んでいたことに、気がついた。

 

両親は、ただ、ありのままだった。

それだけなんだ。足りないわけでも、過ぎてるわけでもなかった。

なのに、わたしは、何かと頭の中で、思ったようにしてもらえない、自分に自信がなくて、自分の中に理由を造り出していたんだ。

だから、よくわからないけど、傷ついていた。

 

頑張らないと認めてもらえないと、思ったし、そうしないと、自分自身に満足できなかった。

 

いつのまにか、孤独な寂しい気持ちが生れたのは、たぶん、母のお腹から産まれる前、お腹に居たときなんだと思う。

 

お母さんは、ご近所の、同じく妊娠中の、夫婦の不倫問題に、心身ともに、休めず、ストレスがかかっていたらしい。

 

いつ、奥さんが自殺するかわからないと、心配でしかたなかったらしい。

 

それを聞いて、母のことが可哀想に思ったし、ふたりの妊婦さんのことを思うと、不憫だった。

 

男は本当に自分勝手な生き物だな。

 

幼いながらも、理不尽さを感じ、なんとなく、男の人を好きになれなかった。

 

父のことを、本当に良くしてもらってたのに、父の匂いのついたシーツを、わたしの布団に敷かれるのを、泣いて嫌がって、断固拒否してしまったことを、覚えていて、今でも時々思い出す。

 

なんで、あんなことくらいで、泣いて嫌がったんだろう。

男を知ってる今なら…あんなことくらいで。

 

やっぱり、本能で、匂いに警戒してたんだ。

 

ごめんね。お父さん。

困らせてごめんね、お母さん。