一日の終わりに

一日の終わりに

 

今この瞬間に

 

自分の幸せを実感している

 

自分に関わってきてくれた、たくさんの

 

色々なヒト達

 

色々な出来事

 

そのすべてに

 

満足し感謝することができる

 

そのことが

 

とっても幸せなの。

 

今暮らしている街の上に広がっている

 

蒼い空のこと

 

雲の動き

 

川の流れ

 

そこに泳いでいる雄と雌の鴨達

 

世界一美しいと思う。

 

その事を子どもと手を繋いで共感できることに癒されてる。

 

わたしは、昔と別人になったのかな?

 

って時々思う(笑)

 

だけど、変わらないことにすぐ

 

気がつける

 

こんな世界観を持って

 

自分自身を愛していた

 

そのままの幼い頃のことを忘れていただけだね。

 

見えないところにしまって

 

前を向いて、進んでいても

 

拗ねてたんだね。

 

大人っぽくなりたかった少女のときに夢見続けた世界とは違うけど

 

本当は

 

ここに戻りたかっただけなのかもしれない。

 

だって

 

行き先は決めたくなくて、

 

自分がどう感じていて、

 

どう楽しんでいて

 

どんなことが好きで

 

どう心が張り裂けそうで

 

どのように、ときめいてるのか

 

今この瞬間を

 

自由に泳いで

 

踊りながら

 

歌いながら

 

探って見つけていきたい。

 

そう思っていたんだと思う。

 

ただのナルシストだ!!

 

恥ずかしがりやの

 

人見知りの

 

自分には素直でいたかった

 

でも

 

にこにこ笑顔を絶やさない自分でいたかった

 

そうして

 

勇気を出して

 

色々諦めて

 

決心して

 

選択して

 

この道にたどり着いた。

 

この先は、またまだ続いているね。

 

いいじゃん!

 

この道。

 

悪くないじゃん!

 

恐いくらいでこぼこしてて

 

笑っちゃうくらいすごく穏やかで

 

迷ったかもしれないって

 

思えるような

 

初めて通る

 

知らない道だけど。

 

遠くには、御先祖様達が

 

大切なヒト達が

 

笑顔で待っていてくれる

 

そんな気がするよ!

 

愉しいね。

 

これからは思いっきり楽しもう。

 

そうしなくっちゃ損だよね?

 

 ありがとう。